【お葬式のキホン】安く葬儀をするための4つの方法

一般的な葬儀費用の全国平均は195万円

一般的な葬儀費用の全国平均は195万円の写真

日本消費者協会が調査したところによれば、一般的な葬儀にかかる費用総額の全国的な平均は、およそ195万円程度となっています。
依頼先としても地域などで営業をしている専門の葬儀社を選択しているケースが3分の2ほどを占めており、そのほかには互助会や地域の農協などの協同組合が続くという結果です。
上記の結果はあくまでも平均的な数値であって、実際に多くの人が利用している価格帯、いわゆる最頻値がある価格帯は200万円から300万円程度となっています。
このような一般的な費用をかけて行うものには、今では一般葬という呼び名がついています。
一般葬の場合はかなりの大金が必要になっていますので、日頃からある程度の蓄えをしておくことや、いざというときでもあわてないように、安く済ませる方法を検討しておくこともたいせつなことです。
特に費用面では地域的な格差がある部分も大きいといわれます。
この調査でも平均費用が高いグループには千葉県や東京都といった首都圏の各都県が多く登場しています。
地域の習慣などを重視した場合、首都圏ではやはり高くついてしまうことは否定できません。
しかし探してみれば一般葬のほかにもいろいろと新しいプランなどはあるものですので、個々の家庭の経済事情を踏まえて、ある程度のところで折り合いをつけながら、価格的にも納得できるようなプランを選択することが望ましいといえます。
現在ではインターネットをはじめとして、探すための方法にも事欠かないのも助けとなります。

世田谷区で家族葬なら明瞭価格の葬儀社グランドセレモニー

家族葬など葬儀を練馬区で行うならグランドセレモニー